メールマガジン 第85号 2016年11月10日-山口県周南市企業情報データベース「じゃから、周南」

TOP > メールマガジン > 第85号 2016.11.10

じゃから、周南 メールマガジン 第85号 2016年11月10日

新着情報[11月10日更新分]
<< じゃから、周南ウェブサイトでの新着情報 >>
【トピックス】
○お腹ぺったんこチャレンジ参加者募集について
 周南市健康づくり推進課では、生活習慣病予防のために、楽しく、手軽に、脂肪燃焼ができる「お腹ぺったんこチャレンジ」を開催します。
 やることは簡単で、期間中に、周南市がメタボ予防を目的に考案した「お腹ぺったんこ体操」をして、記録表にチェックをするだけ。
 また、参加者全員に「お腹ぺったんこ体操」DVDとチャレンジの証である特製缶バッチをプレゼント!
 この冬、みんなでお腹ぺったんこを目指しましょう。

【対  象】市内に在住・通勤・通学している人または3人以上のグループ
【期  間】平成28年12月1日(木)~ 平成29年2月28日(火)
【申込締切】11月14日(月)まで

■申込・詳細はこちら
http://www.city.shunan.lg.jp/section/kenkozo/jigyou/onaka_1.html

■問合せ
┗周南市健康づくり推進課 お腹ぺったんこチャレンジ担当
  住 所:〒745-0005 周南市児玉町1‐1 徳山保健センター2階
  TEL:0834-22-8553
  FAX:0834-22-8555


○環太平洋パートナーシップ(TPP)協定特恵関税活用セミナー ~関税・原産地規則について~
 2016年2月、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の署名が行われました。TPPは、日本を含む参加12ヶ国による、世界のGDPの約4割を占める経済圏において、日本企業に新たな事業機会を創出するものと期待されます。
 そこで、本セミナーは、今回のTPP協定を商機としてとらえ、TPP活用における海外展開や首都圏等の販路拡大等を促進するため、これから海外展開を始められる方等を対象にTPPの概要やTPPの特恵関税の活用に向けた関税制度と原産地規則に関する基本的な内容等を初心者でも解りやすく説明します。
 TPPの特恵関税の活用に関するご理解を深めていただける絶好の機会と思います。多数の方のご参加をお待ちしております。

【開催日時】2016年11月16日(水) 14:00~16:00
       ※受付時間13:30~
【場  所】周南地域地場産業振興センター 情報管理室
       (周南市鼓海2丁目118番地の24)
【定  員】30名
【内  容】1.「環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の概要について」
      2.「TPPの特恵関税の活用について(関税)」
      3.「TPPの特恵関税の活用について(原産地規則)」
【参 加 費】無料
【申込締切】11月14日(月)

■詳細はこちら
https://www.jetro.go.jp/events/yac/ef348731a4829aeb.html

■問合せ
┗ジェトロ山口貿易情報センター
 TEL:083-231-5022(担当:若林)


○「第7回ものづくり日本大賞」の推薦について
 ものづくり日本大賞は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や、伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる方々を顕彰する制度です。

【推薦対象分野】
●「産業・社会を支えるものづくり」分野
●「ものづくりの将来を担う高度な技術・技能」分野のうち「人材育成支援部門」

【注  意】
●応募は候補者本人が行うのではなく、候補者を推薦する方(推薦者)が2名の賛同者を得て、申請してください。
 ※2名の賛同者がいない場合は、周南市商工振興課までご連絡ください。
  周南市役所 商工振興課
  TEL:0834-22-8373 e-mail:shoko@city.shunan.lg.jp
●候補者本人による申請は認められません。
●その他、推薦者・候補者ともに資格要件がございますのでご注意ください。

■詳細はこちら
http://www.monodzukuri.meti.go.jp/index.html

■問合せ
┗中国経済産業局 地域経済部 地域経済課
TEL:082-224-5684 FAX:082-224-5765


企業情報検索