メールマガジン 第59号 2015年10月1日-山口県周南市企業情報データベース「じゃから、周南」

TOP > メールマガジン > 第59号 2015.10.01

じゃから、周南 メールマガジン 第59号 2015年10月1日

新着情報[10月1日更新分]
<< じゃから、周南ウェブサイトでの新着情報 >>
【トピックス】
○山口県最低賃金改正について
 県内の事業場で働く人たちに適用される最低賃金が、本年10月1日から改正され、「1時間 731円」になっています。
 年齢に関係なく、パートや学生アルバイトなどを含め、すべての労働者に適用されます。賃金が最低賃金以上になっているか、確認してみましょう。
 ■問い合わせ:厚生労働省山口労働局賃金室
  ≫電話 083-995-0372
  または、徳山労働基準監督署
  ≫電話 0834-21-1788
 ■詳細はこちら
  ┗ http://yamaguchi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0109/6324/27saichin.pdf
○特定計量器の定期検査について
 今年は、特定計量器(はかり)の定期検査が行われます。
 量り売りなど商店での取引や学校の体重計など、調査・統計等の証明に使用されるはかりが不正確であると、取引や証明の信用性が失われます。
 そのため、これらのはかりを使用するものは、2年に1回定期検査を受け、その正確性を確認することが計量法で義務付けられています。
 該当のはかりをお持ちの方は、受検漏れのないようにご注意ください。
 ■問い合わせ:一般社団法人山口県計量協会
  ≫電話 083-986-2591・2592
  ≫FAX 083-985-1815
  または、周南市役所 商工振興課 商工労働担当
  ≫電話 0834-22-8373
  ≫FAX 0834-22-8357
 ■詳細はこちら
  ┗ http://www.city.shunan.lg.jp/section/shoko/shoko/weights_inspect_2.html
○中小企業退職金共済制度のご案内
 中小企業退職金共済制度(略称:中退共制度)は、昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき中小企業の振興と従業員の福祉の増進を図ることを目的とした制度です。
 中退共制度をご利用になれば、安全・確実・有利で、しかも管理が簡単な退職金制度が手軽に作れます。
 事業主が中退共と退職金共済契約を結び、毎月の掛金を金融機関に納付し、従業員が退職したときは、その従業員に中退共から退職金が直接支払われるしくみとなっています。
 この機会に是非、中退共への加入をご検討ください。
 ■問い合わせ:独立行政法人勤労者退職金共済機構 中小企業退職金共済事業本部
  ≫電話 03-6907-1234
  ≫FAX 03-5955-8211
 ■詳細はこちら
  ┗ http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/download/pdf/aramasi.pdf
企業情報検索